• 排水構造物工編

  • 排水構造物工編

  • 排水構造物工編

  • 排水構造物工編

排水構造物工編

排水構造物工 施工パッケージ

¥1,100(税込)

CPD 0.7ポイント ・ CPDS 1ユニット

視聴可能期間:2024/03/31 23:59まで

【本動画の対象工種】

排水構造物工(L形側溝) 、 排水構造物工(ボックスカルバート)

動画をご購入いただく前に

お使いの端末で動画がご視聴できるかどうかのご確認の上、動画をご購入ください。

>再生テスト動画はこちら

概要

本動画では、以下の工種について、工種概要、施工方法、積算方法などを解説します。

■動画の内容

①排水構造物工(ボックスカルバート)【施工パッケージ】

②排水構造物工(L形側溝)【施工パッケージ】

工種

概要

施工手順

積算方法・

積算上の留意点

施工上の

留意点

①排水構造物工(ボックスカルバート)

②排水構造物工(L形側溝)

概要:工種の概要を解説します。

施工手順:施工手順をアニメーションを用いてわかりやすく解説します。

積算方法・積算上の留意点:予定価格の設定における積算方法や積算上の留意点を解説します。

施工上の留意点:施工における留意点を解説します。

■排水構造物工とは

 排水構造物工とは、雨水や地下水を表面排水、地下排水等で道路脇もしくは道路下に排水路を設置して排水する工法です。排水路の種類は、石積みや素掘りもありますが、工場で製作されたプレキャストコンクリート製が最も多く、用途により円形、矩形、U型など、形状が異なります。

このうち、ボックスカルバートは矩形で、L形側溝はL形で施工されるのが一般的です。

■施工パッケージ(施工パッケージ型積算方式)とは

 施工パッケージ型積算方式は、機械経費、労務費、材料費をひとまとめにパッケージ化した施工単価を用いて積算する方式です。東京地区における基準年月の施工単位当たりの標準単価に対して積算する地域及び時期の違いを補正して使用します。

経済調査会が発刊している「工事歩掛要覧」では、施工パッケージ(施工パッケージ型積算方式)を掲載しています。これは、国土交通省「土木工事標準積算基準書」に準拠したものであり、国土交通省をはじめ都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。

■関連する当会発刊書籍

 工事歩掛要覧    【施工パッケージが掲載されています】

 月刊 積算資料   【燃料など材料単価が掲載されています】