• 下水道編

  • 下水道編

  • 下水道編

  • 下水道編

下水道編

維持修繕 市場単価 下水道 新設構造物

¥1,100(税込)

CPD 0.9ポイント ・ CPDS 1ユニット

視聴可能期間:2024/03/31 23:59まで

【本動画の対象工種】

下水道工事(管きょ更生工法) 、 下水道工事

動画をご購入いただく前に

お使いの端末で動画がご視聴できるかどうかのご確認の上、動画をご購入ください。

>再生テスト動画はこちら

概要

本動画では、以下の工種について、工種概要、施工方法、積算方法などを解説します。

■動画の内容

①下水道工事【市場単価】

工種

概要

施工手順

積算方法・

積算上の留意点

施工上の

留意点

①下水道工事

②下水道工事(管きょ更生工法)

概要:工種の概要を解説します。

施工手順:施工手順をアニメーションを用いてわかりやすく解説します。

積算方法・積算上の留意点:予定価格の設定における積算方法や積算上の留意点を解説します。

施工上の留意点:施工における留意点を解説します。

■下水道工事とは

 快適で衛生的な居住環境を維持するためには、下水道の整備は不可欠です。また、下水道は、汚水を浄化して川や海などに戻すことで、水質を保全し本来の生態系を維持するという役割も担っています。

一般的に、下水道施設は、排水管などの排水施設、水や汚泥などの処理施設、ポンプなどの補完施設から構成されます。これら下水道施設を整備する工事を下水道工事といいます。

■下水道工事(管きょ更生工法)とは

 近年、社会インフラの老朽化が問題となっており、下水道工事では老朽化した下水道施設の機能を維持することを目的とし、管きょ更生工法がよく用いられています。

下水道施設の改築には、既存の管路を生かし、新管と同等以上の品質で「改良」する「更生工法」、旧来からある工法で、古くなった管を取り出し、新しい管と交換する「改築工法」の、大きく二つの工法があります。ここで解説するのは前者の「更生工法」です。

■下水道工事市場単価とは

 下水道工事市場単価は、材料費、労務費及び直接経費(機械経費等)を含む施工単位当たりの市場での取引価格です。

経済調査会が発刊している「季刊 土木施工単価」では、下水道工事市場単価を掲載しています。この下水道工事市場単価は、都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。

■関連する当会発刊書籍

 季刊 土木施工単価 【下水道工事市場単価が掲載されています】

 月刊 積算資料   【砕石など材料単価が掲載されています】

 土木施工単価の解説 【土木施工単価の利用手引きが掲載されています】