• 新設構造物編(1)

  • 新設構造物編(1)

  • 新設構造物編(1)

  • 新設構造物編(1)

新設構造物編(1)

標準歩掛等 道路 新設構造物 標準単価

¥1,100(税込)

CPD 0.7ポイント ・ CPDS 1ユニット

視聴可能期間:2023/03/31 23:59まで

【本動画の対象工種】

トンネル工 、 抵抗板付鋼製杭基礎工

動画をご購入いただく前に

お使いの端末で動画がご視聴できるかどうかのご確認の上、動画をご購入ください。

>再生テスト動画はこちら

概要

本動画では、以下の工種について、工種概要、施工方法、積算方法などを解説します。

■動画の内容

①抵抗板付鋼製杭基礎工【標準単価】 ②トンネル工(NATM)【標準歩掛】

工種

概要

施工手順

積算方法・

積算上の留意点

施工上の

留意点

①抵抗板付鋼製杭基礎工

②トンネル工(NATM

概要:工種の概要を解説します。

施工手順:施工手順をアニメーションを用いてわかりやすく解説します。

積算方法・積算上の留意点:予定価格の設定における積算方法や積算上の留意点を解説します。

施工上の留意点:施工における留意点を解説します。

■抵抗板付鋼製杭基礎工とは

抵抗板付鋼製杭基礎工とは、道路付属物の基礎工事において、軟弱地盤、狭あいな場所でも対応でき、埋設物を避けて設置できる鋼製基礎工法です。

従来のコンクリート製直接基礎などに比べ、工期短縮やコスト削減が可能で、発生残土が少なく、道路標識柱、道路照明柱、多目的柱など、道路付属物の基礎全般に適用できます。

■トンネル工(NATM)とは

トンネルには、大別すると山岳トンネル、開削トンネル、シールドトンネル、沈埋トンネルがあり、施工場所の状況に適した工法が用いられます。

トンネル工のうち、主に山岳トンネルの掘削時に用いられ、掘削面にコンクリートを吹き付けて硬化させたのちに、ロックボルトや鋼製支保工によって地山を固定する工法をトンネル工(NATM)といいます。

このトンネル工(NATM)には、補助ベンチ付全断面工法や上半先進ベンチカット工法などがあり、地山の状態に応じた工法を用いて施工します。

■土木工事標準単価とは

 土木工事標準単価は、標準的な工法による施工単位当たりの工事費で、工事業者の施工実績に基づき、調査により得られた材料費、歩掛等によって算定した価格です。

経済調査会が発刊している「季刊 土木施工単価」では、土木工事標準単価を掲載しています。この土木工事標準単価は、国土交通省をはじめ都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。

■標準歩掛(積上積算方式)とは

 積上積算方式は、材料、労務、機械などの単価に数量を乗じて、直接工事費を算出する積算方式です。標準歩掛では、これらの規格や数量などが定められています。

経済調査会が発刊している「工事歩掛要覧」では、標準歩掛(積上積算方式)を掲載しています。これは、国土交通省「土木工事標準積算基準書」に準拠したものであり、国土交通省をはじめ都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。

■関連する当会発刊書籍

 季刊 土木施工単価 【土木工事標準単価が掲載されています】

 月刊 積算資料   【抵抗板付鋼製杭基礎など材料単価が掲載されています】

 土木施工単価の解説 【土木施工単価の利用手引きが掲載されています】

 工事歩掛要覧    【標準歩掛が掲載されています】