• 標準単価編

  • 標準単価編

  • 標準単価編

  • 標準単価編

標準単価編

法面 新設構造物 安全対策 橋梁 コンクリート構造物 標準単価 道路 維持修繕

¥3,300(税込)

CPD 1.7ポイント ・ CPDS 2ユニット

視聴可能期間:2023/03/31 23:59まで

【本動画の対象工種】

抵抗板付鋼製杭基礎工 、 構造物とりこわし工 、 FRP製格子状パネル設置工 、 連続繊維シート補強工 、 区画線工 、 橋梁塗装工 、 高視認性区画線工 、 機械式継手工 、 ひび割れ誘発目地設置工

動画をご購入いただく前に

お使いの端末で動画がご視聴できるかどうかのご確認の上、動画をご購入ください。

>再生テスト動画はこちら

概要

本動画では、以下の工種について、工種概要、施工方法、積算方法などを解説します。

■動画の内容

①区画線工【標準単価】           ②高視認性区画線工【標準単価】

③抵抗板付鋼製杭基礎工【標準単価】     ④橋梁塗装工【標準単価】

⑤構造物とりこわし工【標準単価】      ⑥機械式継手工【標準単価】

⑦連続繊維シート補強工【標準単価】

⑧ノンコーキング式コンクリートひび割れ誘発目地設置工【標準単価】

FRP製格子状パネル設置工【標準単価】           

工種

概要

施工手順

積算方法・

積算上の留意点

施工上の

留意点

①区画線工

②高視認性区画線工

③抵抗板付鋼製杭基礎工

④橋梁塗装工

⑤構造物とりこわし工

⑥機械式継手工

⑦連続繊維シート補強工

⑧ノンコーキング式コンクリートひび割れ誘発目地設置工

FRP製格子状パネル設置工

概要:工種の概要を解説します。

施工手順:施工手順をアニメーションを用いてわかりやすく解説します。

積算方法・積算上の留意点:予定価格の設定における積算方法や積算上の留意点を解説します。

施工上の留意点:施工における留意点を解説します。

■区画線工とは

 路面標示とは、道路交通の安全と円滑を図るために必要な案内・誘導・警戒・規制・指示などの情報を、線や記号などで路面上に標示することをいいます。この路面標示のうち、道路法に基づき道路管理者が設置するものを「区画線」、道路交通法に基づき交通管理者が設置するものを「道路標示」といい、区画線及び道路標示の設置、消去を行うものを区画線工といいます。

■高視認性区画線工とは

 夜間や雨天時における視認性の確保や、居眠りや脇見による車線逸脱の防止のために、ライン上にリブ部を設置したり、通常よりも再帰反射効果の高いビーズを使用したりする区画線、道路標示のことを高視認性区画線といいます。

また、この高視認性区画線の設置、消去を行うものを高視認性区画線工といいます。

■抵抗板付鋼製杭基礎工とは

抵抗板付鋼製杭基礎工とは、道路付属物の基礎工事において、軟弱地盤、狭あいな場所でも対応でき、埋設物を避けて設置できる鋼製基礎工法です。

従来のコンクリート製直接基礎などに比べ、工期短縮やコスト削減が可能で、発生残土が少なく、道路標識柱、道路照明柱、多目的柱など、道路付属物の基礎全般に適用できます。

■橋梁塗装工とは

 構造物への塗装は、構造物の保護と美観の保持を主な目的として行われます。塗装は時間の経過に伴い劣化していくため、塗膜の状態に応じて塗替を実施します。

橋梁塗装工とは、鋼道路橋等の防錆を目的に、新設橋の架設現場および既設橋の塗替現場で行われる塗装前作業、および塗装作業をいいます。

■構造物とりこわし工とは

構造物とりこわし工とは、河川・砂防・道路工事などにおける既設コンクリート構造物を、大型ブレーカ、コンクリート圧砕機、コンクリートブレーカなどを用いて破砕する工事をいいます。

■機械式継手工とは

鉄筋の継手工法には、重ね継手、ガス圧接継手、機械式継手、溶接継手など様々な工法があります。

機械式継手工とは、鉄筋の端部にスリーブやカプラー等の継手部品を取り付けて鉄筋と鉄筋を機械的に接合する継手工法をいいます。

■連続繊維シート補強工とは

連続繊維シート補強工とは、炭素繊維シートとエポキシ樹脂系の含浸接着剤などを用いて、橋脚などのコンクリート構造物の表面に貼り付け補強する工法です。

この工法は、軽量で、構造物の形状に合わせて、人力で施工でき、作業スペースの制約も受けにくいことなど、施工性に優れています。

■ノンコーキング式コンクリートひび割れ誘発目地設置工とは

 ひび割れ誘発目地とは、コンクリート構造物は、温度変化や乾燥による収縮等により、ひび割れが発生することがあります。そのため、予め定められた位置にひび割れを集中的に発生させることを目的に設ける目地をひび割れ誘発目地といいます。

ノンコーキング式コンクリートひび割れ誘発目地設置工とは、ひび割れ誘発目地において、型枠脱型後も取り外す必要がなくコンクリートに埋設しておくことができる、コーキング処理が不要な目地の設置をいいます。

FRP製格子状パネル設置工とは

 FRP製格子状パネル設置工とは、切土補強工法の法面にFRP製格子状パネルを設置する工法です。法面に格子状パネルを設置することで、法面全体の安定を図った上で、全面緑化を行うことが可能となります。

■土木工事標準単価とは

 土木工事標準単価は、標準的な工法による施工単位当たりの工事費で、工事業者の施工実績に基づき、調査により得られた材料費、歩掛等によって算定した価格です。

経済調査会が発刊している「季刊 土木施工単価」では、土木工事標準単価を掲載しています。この土木工事標準単価は、国土交通省をはじめ都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。

■関連する当会発刊書籍

 季刊 土木施工単価 【土木工事標準単価が掲載されています】

 月刊 積算資料   【塗料など材料単価が掲載されています】

 土木施工単価の解説 【土木施工単価の利用手引きが掲載されています】